忍者ブログ

東北大学学友会能楽部喜多会お稽古日記☆

[598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593]  [592]  [591]  [590]  [589]  [588

菅田です。もう新学期始まりますよもう春休みはどこへいったんですかーもー!!

本日のお稽古は連吟1時間、仕舞30分、仕舞謡30分の計2時間でした。
仕舞は入退場も含めてやってみました。結構抜けている部分が多かったですね。
人数が少ないので、切戸からではなくて地謡からそのままシテが舞台に立つ新しいパターンを取り入れてみたので結構戸惑いました。もうすぐ明生会秋季大会なので最終調整頑張りたいですね。

そういや最近知ったのですが、「間抜け」って芸能にその語源があるそうです。
「間」とは音と音、動作と動作、セリフとセリフの間に入れる休止のこと、また、拍子やリズムのことをいいます。その間が抜けるとは、演奏や演技で拍子がぬけることをいい、転じて、肝心なところが抜けるという意味になったとか。
仕舞でも謡でも、確かにあるべくしてある間が存在し、それがないとピシッと決まらないことがあるなあ……としみじみ思います。

そんなこんなで、ここらで失礼します。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

4/9の体験会 HOME 4月2日のお稽古

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
諸国一見の学生
性別:
非公開
[08/10 一場]
[07/19 なおみ]
[02/22 太陽]
[12/05 イトー]
[06/10 しげる]

忍者ブログ [PR]
template by repe