忍者ブログ

東北大学学友会能楽部喜多会お稽古日記☆

[422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412


 昨日の部会について報告させていただきます。                                      昨日の部会で議題となったのは以下の2点です
1、新勧(新入生勧誘)について
2、小鼓の修理をはじめとした、異例の高額出費への対応案
 
  1、新勧について
 
能楽部では新勧と新歓を行います。
「新勧」とは新人勧誘、「新歓」とは新人歓迎の略です。昨日の部会では主として来年度の新勧について報告がありました。
 報告の中で特に重要な点は、新勧というものが我が部にとってある意味もっとも重要なイベントであるという点です。その理由は言うまでもなく我が能楽部の存続に関わる問題だからです。
さらに報告では
・新勧に於いて、マイナーな部である能楽部はその存在を知ってもらうことが何より必要であること
・義務感からではなく、「新しく来た子と一緒に能楽を楽しみたい!」といったモチベーションで新勧を行う必要があること
を確認しました。
新勧で何としても1年生を入れることが能楽部の生命にかかわるという事実に、身が引き締まる思いがいたしました。

 その上で、我が部の現状確認を行いました。
分かったことは、それまでのほほんと能楽部でゆたっていた私には衝撃でした。なんと来年能楽部を実質引っ張っていくのは今の1年生だったのです!詳細は省きますが、「数は力なり」とおっしゃられた高校時代の弓道の恩師の言葉の意味が痛切に感じられました。そして、従って今まで以上に自分の頭で考えて行動することが我々1年には求められるということを報告の中で伝えられました。

今後やっていくことは、
①新勧隊長の決定
②引き継ぎ部会、間髪入れずに新勧戦略部会の開催               
です。
 ①の新勧隊長は今の1年生から選出されることになっています。ただみんな何かしら部の仕事を抱えており、誰かがかけ持ちして隊長の任を負わねばなりもせん。私は実は何も抱えていないのですが、今大学2年生であるため再来年に新勧係として次の代に情報を伝達していくのはその時4年生である者には難しいようです。かえすがえすも今の自分が2年生であることが悲しく思われました。しかし、新勧に力を尽くすことと新勧隊長になることとはまた別なわけで、先輩からも「誰が新勧隊長になっても一人一人が隊長だという意気込みで新勧に臨むように!」とあった通りの気持ちで仕事をすればいいかなと思いました。
 ちなみに今回の報告をして下っさったのは山岡先輩です。山岡先輩曰、
        「新勧は熱くキビしく!無理しない新勧なんて存在しない!」

                         (・・・ このお言葉だけで新勧の重要さ、恐ろしさが伝わって来ます。)

 また②については、2月の試験が終わり次第新勧の戦略を話し合う必要があります。そのため今のうちから各々戦略を考えることが必要であると言われました。私はそれに加え、最近のお稽古日記にもありましたが、これからはもっと情報伝達をしっかりしていくことが必要だと思いました。能楽部でイベントで係をやるようになってから、本当に本当に情報をしっかり伝達することの難しさを知りました。前回の部会で解決策は出されましたが、改善が見られなければこのままではまずいと思います。でなければ、これは例えですがもし能楽部が会社だったら数ヶ月後には倒産しかねません。ただ、ローマが共和制から帝制に変わるほどの変化ではないでしょうが、現在の能楽部は体質の過渡期、節目なのではないか、それが現在の混乱の原因の一つではないかと、今年の夏の合宿の時の陽さんのお話を思い出して思いました。


   2,小鼓の修理をはじめとした、異例の高額出費への対応案
 ややこしいので詳細は省きますが、重要なのはこれまでの能楽部のお金の使い方に問題があったということです。
そこで
・部費を節約して使う=無駄をなくす
・部費以外に追加で年にいくらかお金を徴収する
ことで、異例の高額出費に備えお金お積み立てるという案が3年生以上から出されました。

 この件については今月の20日(月)14:00から話し合いが部室で行われる予定です。


以上で昨日の部会報告とさせていただきます。これまでの文中に、言葉の用い方や表現などに不適切な点、誤り、また誇大表現、知ったかぶりの意見等があったかと思われますが、お許し下さいますよう心よりお願い申し上げます。
 ありがとうございました。
                                                        (文責:斎藤)
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

>>ローマが共和制から帝制に変わるほどの変化
リポD吹いたw

確かに体質の過渡期、節目ってのはあるかもね。ただその変化の中で、この先どういう部活にしたいとか、どういう部活にすべきとかいうヴィジョンを持っている部員があまりいないことも混乱をなかなか治められない原因の一つかもしれないなとか思いました。

偉そうにサーセンw
報告乙です。
  • たき
  • 2010/12/19(Sun)18:31:46
  • 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

12月21日お稽古 HOME 12月14日部会

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
諸国一見の学生
性別:
非公開
[08/10 一場]
[07/19 なおみ]
[02/22 太陽]
[12/05 イトー]
[06/10 しげる]

忍者ブログ [PR]
template by repe