忍者ブログ

東北大学学友会能楽部喜多会お稽古日記☆

[271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261

遅れてすみません、10月16日・金曜日のお稽古日記をお送りします。

この日は1年生のお稽古でした。仕舞や仕舞謡、鼓に連吟と、フルコースでした。
連吟は、瑞鳳殿が翌日に迫っていたり、松尾さんのお稽古が4日後に迫っていたりで、特に時間をかけて稽古しました。

自演会に向けて、女子は『夕顔』男子は『橋弁慶』を練習しています。
夕顔は、音の上げ下げやリズムが難しく、絶賛苦戦中ですが、その分だんだんと謡えるようになっていく喜びはひとしおです。1年女子にもとうとう役がついて、自分のことはもちろん、1年に教えるのも今から楽しみです。

男子の橋弁慶は、去年の秋季自演会では演者全員による合同曲でした。子方(牛若)を勤めさせていただいたこともあり、思い入れの強い曲のひとつです。
男性陣のほうから『さても牛若は~』と聞こえてくると、すごく懐かしい気持ちになります。それとともに、しみじみ世代交代したなあ...と実感して、すこし寂しい気持ちもあったり。センチメンタルな秋の夜でした。

何はともあれ、自演会やら学祭やら芋煮やら木町発表やら、
今年もイベント目白押しですが、一丸となって頑張っていきたいですね!

お稽古日記の全体的な遅筆が気になりつつ、
なかなか改善は難しいものだなあ...とひしひし感じる秋田がお送りしました。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

お節介かもしれないが、まだ2年生でこれから舞囃子も舞わせて頂くっていう人間が世代交代で寂しさを感じるってのはちと早くないかい?

まだまだ部の中心として一層活躍していってくださいね。応援してます。
  • たき
  • 2009/10/18(Sun)21:44:43
  • 編集

無題

語弊がありましたようで。

自分が隠居した視点ではなく。単純にカシャンとひとつ学年が入れ替わって、今年の牛若さん弁慶さんはもう自分たちじゃなくてこの子たちなのよね、というちょっとした寂しさです。

能楽部2年として、まだまだ前線で色々を頑張っていきます!
今後とも、あたたかい目で、時に冷たい目で、よろしくお願いします。
  • あきた
  • 2009/10/22(Thu)01:26:25
  • 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

人間五十年 HOME 瑞鳳殿、参加させていただきました

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
諸国一見の学生
性別:
非公開
[08/10 一場]
[07/19 なおみ]
[02/22 太陽]
[12/05 イトー]
[06/10 しげる]

忍者ブログ [PR]
template by repe